作業員

現状復帰工事を低予算で行なうためのコツを徹底解説!

借主が選ぶことも可能

空室

賃貸住宅の貸主は、毎回同じ業者に原状回復工事を依頼しています。こうすることで、全ての住戸が同じ仕上がりになるからです。中には借主が業者を選定できるという賃貸住宅もあり、この場合は借主は、選定における工夫で費用負担を減らすことができます。ただし事前に貸主の許可を得ることと、期日を守ることとが大事です。

退去費用を安く抑えるには

空き部屋

原状回復110番

現状回復工事は専門業者に依頼しましょう。リーズナブルな価格で工事を依頼できる業者がココですよ。

業者手配は自分でもできる

現在、賃貸物件の借家にお住まいの皆さんは、退去時の現状復帰についてよく理解していますか。賃貸部屋に入居しているからには退去時に、入居前の状態に部屋を戻した上で退去しなければならないと法制化されています。したがって、入居時の契約事項には必ず、現状復帰についての記載がされており、入居者はこの義務に従う必要があります。現状復帰を行うには専門業者に依頼して行う必要があり、このときにかかる費用負担を軽くする為に導入されているのが、入居時に支払う敷金です。現状復帰を行う際の業者への依頼などは、通常では家主である大家さんが行うのが一般的ですが、大家の了解があれば自分で手配する事もできます。長期間住み続けた場合は、敷金だけでは足りずに追加の現状復帰費用を求められる事があり、この際に費用について大家との間でトラブルが起こる事があります。もし、自分であらかじめ現状復帰に関しての知識があれば、無用なトラブルを避ける事ができますので、覚えておくと良いでしょう。現状復帰を行う業者は各社で特徴があり、ひとつだけの事を専門に行う業者や、すべての作業を一社で行う事ができる業者など様々です。例えば壁紙の張替えなどは畳の専門業者ではできませんが、すべて行える業者で依頼すれば、個別に依頼する手間が省けるメリットがあります。しかし、この様なオールマイティの業者では専門業者と比較して幾分、料金面が高いのが特徴です。一般的に現状復帰にかかる費用相場は、5万円前後〜30万程度が平均となっており、部屋の状態に応じて変わりますので、見積もりは入念にチェックしましょう。

初期の契約

工事

現状復帰という言葉は、とても曖昧な言葉である。傷つけてしまった後で、どの程度まで直せば現状復帰と言うのかも曖昧である。従って、契約を結ぶ際に、借り手と借り主が共通の理解をしておく事がとても大切である。

原状回復工事を実施する

作業者

賃貸契約を行っていて退去する際には家主や管理人立会いのもとで部屋内において後から付加されたものが元通りにとりはずされているか、賃借人の故意や過失によって棄損した部分がないか現状回復義務についてチェックが行われます。もしある場合には見積がとられて敷金から差し引かれることになっています。