作業者

現状復帰工事を低予算で行なうためのコツを徹底解説!

借主が選ぶことも可能

空室

貸主の許可を得た上で

賃貸住宅における原状回復工事は、原則として貸主が選定した業者によって行われます。また貸主は、基本的には毎回同じ業者に原状回復工事を依頼しています。これは、異なる業者に依頼した場合に、仕上がりの状態に差が生じることを防ぐためです。というのも、原状回復工事の腕前および使用する道具や素材は、業者によって異なっているからです。右の住戸と左の住戸とで、壁紙の模様や床の色合いが異なっているという公平感を欠いた状態になることを回避するために、業者は特定の業者に依頼しているわけです。したがって賃貸住宅では、借主が業者を選んで原状回復工事を行うことは通常はできません。しかし中には、原状回復工事を借主に任せているという賃貸住宅もあります。この場合は、借主は激安料金で原状回復を行っている業者などを探し、そこに依頼することができます。もちろん料金は借主が支払うのですが、施工後は貸主に預けておいた敷金の大部分が手元に戻ってくるので、結果として費用負担は少なくなるのです。ただし、事前に貸主に業者の紹介をした上で、許可を得なければなりません。貸主は紹介された業者について調べ、信頼できると判断した場合に、原状回復工事の許可を出すのです。許可されなかった場合は、借主は別の業者を探すことになりますが、原状回復工事は貸主が次の入居者の募集を開始するまでに終わらせる必要があります。そのため、期日を確認した上で迅速に行動することが大事です。