作業者

現状復帰工事を低予算で行なうためのコツを徹底解説!

初期の契約

工事

家を借りる際は賃貸契約を大家と結ぶ。その後契約が終了すると、家を明け渡さなければいけない。その際に、現状復帰が求められる事がほとんどである。どの程度まで保証しなければいけないのかは、賃貸契約時に必ず説明があるので把握しておかなければいけない。特に築年数のかなり経った中古物件などでは、現状復帰がどこまで求められているのかをしっかり把握する必要がある。そこで大切な事が、荷物を搬入する前に、大家もしくは仲介会社同伴で、家の状況を把握する事である。例えば、フロアに傷が付いていたり壁に画ビョウ等をさした跡がある場合がある。その際は自分のつけた傷では無いことを共通の認識にしておく事が大切である。口と目で確認するのでは信用性が低い為に、複写紙を使い紙媒体で残しお互いが保管しとく事が大切である。そうする事で賃貸契約が終了し家を明け渡す際に、壁の張り替えやフロアの張り替えまで現状復帰として求められる事はない。ただし、生活中や荷物搬入中、荷物搬出中に傷つけた箇所は別である。たまに、現状復帰は不要です。との説明がある場合がある。ただし、限度がある。扉を壊して二部屋を一部屋として使いたい。など考えた場合には、行動を起こす前に、直接大家か仲介会社を通して大家に相談する必要がある。借り主は賃貸契約が終了すると当然出ていく。すると大家は、次の借り主を探す。その際に、次の借り主が出てこないほど家の状態を変えられるとトラブルになる可能性があるからだ。