作業者

現状復帰工事を低予算で行なうためのコツを徹底解説!

原状回復工事を実施する

作業者

賃貸で退去する際には

賃貸物件で退去する際には前もって契約で決められた期間内にその通知義務があります。そして退去時には家主側か管理会社側が部屋内において立ち会い、後から付加したものが取り外されてないか、故意や過失によって棄損した部分がないか、原状回復義務違反の部分についてチェックされることになっています。賃借人は善良な管理者の注意をもって目的物を保管する義務を負っていて、これに違反した場合は債務不履行となって現状回復義務違反となり、その損害の部分を賠償しなければならないことになっています。この場合でも普通に使っていて生じた自然損耗の部分とか日焼けや変色などは含まれず、クロスにくぎ打ちを行った際に空いた大きな穴などはこれに相当するとされます。これらの内容は現状回復費用としてしばしば必要以上の額が請求されて問題になったり、さらには裁判に発展する場合も見られます。そのために国の方でも現状回復のガイドラインが示され、基準になるように提示されて来ています。賃貸契約の際も重要事項で文言を盛り込んだり、契約書の中に提示されるのが望ましいとされています。賃貸のオフィス物件等の場合には最初に立ち会ったり写真を撮っておくことも有効とされています。もし現状回復の部分がある場合にはこれまでに滞納家賃がある場合はこれと、この違反の部分の工事費用が見積もられ、敷金の中から差し引かれてその残金が退去者指定の金融機関の銀行口座に後から振り込まれることになっています。